2022.1.13(Thu) 【エントリー募集中】1/15(土)の第1回おやらかしCUPのエントリーは1/13(木)にて締め切らせていただきます。

5/11  度付きの偏光サングラスを新調しました

気が付けば10日ほどブログを放置してしまいましたが、読者の皆さまにはお変わりありませんでしょうか。

亀山さんのライブウェル禁止期間がそろそろ終わりになり、いよいよ大会のシーズンが近づいてきました。

本来は土曜日にみっちり大会のプラをしたかったのですが重役出勤すらかなわない時間に起きたワタシでして、結局土曜の出勤は諦めまして時間ができたのでアチコチ徘徊しつつアレをオーダーしてきました。

亀山さんへの重役出勤事情

お友達との約束や大会参加、もしくは気力体力が漲っているとき以外は基本的には重役出勤を旨としているワタシですが、それでも重役出勤のリミットはあるわけでして時間を逆算してみると、、、

  • ボートの支度とお品書き作成に1時間
  • レイクから亀山さんまで2時間〜2時間半(早朝なら1時間半)
  • 起きて自宅を出発するまでに30分

ということで起きてから釣りを開始するまでに3時間半〜4時間ほど必要なわけです。

いくらなんでも午後から出船する気にはなれないので12時を出船のリミットとすると、いくら遅くても8時までには起きたいところです。

ちょいとこの1週間は疲労が溜まっていたワタシでして、土曜日は2時半に目覚ましをセットしたにもかかわらず9時半に起床するという暴挙にて亀山さんへの出勤は見送ることになった次第です。(笑)

レイクのメガネ屋さんへ

遅く起きた土曜日はやることがないわけでして、10時頃散歩がてらレイクのkazeに出撃しまして、お目当てはメガネ屋さんでございます。

アタマの他に目も悪いワタシでして最近は老眼がヒドくてラインを結ぶのにも難儀している状況なので、ついに「ハズキルーペ」を導入することにしました。

というのは冗談でして、何となく思い立ちましてずっと後回しにしていた度付きの偏光サングラスを作ることにしたわけです。

釣具屋さんにはサイトマスターなどたくさんの偏光サングラスが置いてありますがもちろん釣具屋さんでは度付きレンズを入れることはできないわけでして、「宅配のめがねやさん」などの釣具屋さんでのイベントがあれば良かったのですが中々タイミングが合わずに今日に至りました。

釣具屋さんでは度付きレンズが作れずメガネ屋さんには釣り用のサングラスフレームがない、、、

と思いきや、田辺さんや盛三さんでお馴染みのZEALのフレームが数点置いてありまして、

顔がデカいワタシでもそれなりに映える↑のフレームをチョイスしました。

その後TALEXのレンズカラーをアレコレ迷ったのですが、「トゥルービュースポーツ+ブルーミラー」に決めまして、仕上がりに2〜3週間程度掛かるそうですが待ち遠しい限りです。(嬉)

今までワタシはサイトマスターのオーバーレンズタイプの偏光を使っていたのですが、実はGWの入鹿池釣行以来行方不明になっていることが判明しまして、日曜日にそこら中をひっくり返して探してみましたが結局見つからなかったことはここだけのナイショ話でございます。(笑)

ワタシの溺愛の釣具屋さん3選

メガネ屋さんを後にしてのんびりとランチをいただいても14時、完全にやることがなくなったので釣具屋さんへ出掛けることにしました。

ワタシの現在の「ホーム」の釣具屋さんは基本的には↓の3店でして、

越谷タックルアイランド

もともとはレイクのmoriに入っていた越谷タックルアイランドさん。

数年前に現在の蒲生に移転しましたがそれでもクルマで5分で行けるところにあり、釣具屋さんが近いというのはとっても助かります。

フックやシンカー、ワームなどの消耗品や新製品などはこちらで調達することが多いです。

土曜日夜にふらっと覗いてみたところ、ダッジのワカサギカラーと奇跡的にご対面できたので迷わずお買い上げしておきました。(笑)

フィッシングガレージブラック

最近はすっかり亀山さんにしか行かなくなったので、亀山帰りに入り浸るようになったのが千葉市内にあるブラックさん。

千葉の奥さまの実家近く(15分くらい)にありまして大変便利なのですが、レイクに帰還するとき京葉道路が渋滞しているときは迷わずピットインするわけです。

こちらはもう問答無用でレンタルボート用品です。(もちろんルアーやワームなどの釣り道具も充実してますよ〜)

何もわからないところからエレキ一式を揃えて苦節ウン年、ようやくショートマウント化まではたどり着いたワタシでして、後はTR54の82ポンド化とシャフトのショートカットをお願いするのみとなりました。

特にレンタルボートでのエレキ一式をこれから揃えようかなとお思いのかたは、(ワタシがそうでしたが)独学でアレコレ調べるよりも信頼できるお店にてイロハを教えていただいたほうが遠回りしなくて済むのは間違いないかと思います。

そんなブラックさんには日曜日の亀山半ドン釣行の帰りに伺いましてバウマウントロックをゲットしました。

こちらはエレキを固定するマウントのドア部分にロックを掛けることができる盗難防止用のパーツでして、土日連闘でエレキを船にセットしたままひと晩を過ごすときの不安解消が主目的です。

21ゲーターにはボルト長が少し長いのでその場で適切な長さにカットしていただきまして、ブルーのアルマイトのスペーサーも入れてみた次第です。

カギでロックするとノブ部分が空回りするようになっているスグレモノではありますが、おやらかしを旨とするワタシにはどうしても「カギを湖面にポチャっ」とする光景しか思い浮かばないわけでして、やらかすことのないように気をつけたいところです。(笑)

キャスティング岩槻インター店

ラストはもちろんこちら、関東が誇る巨大釣具屋キャスティング岩槻さん。

レイクからはクルマで40分くらい掛かるのでまとまった時間がないと中々行けないのですが、「岩槻になければ諦めもつく」というくらいの品揃え抜群なお店です。

消耗品はアイランドさん、ボート用品はブラックさんときて、キャス岩槻さんでは「タックル」を調達することが多く、ワタシのDAIWAロッド・リールはほぼキャス岩槻さんでのお買い上げです。

ということで、土曜日は夕方からキャス岩槻さんに出撃しまして、駐車場にて日曜日のお品書きを作りながらラインを巻き替えたり足りないものを補充したりしながら楽しいひとときを過ごした次第です。

レイクのマツキヨ

土曜日は、メガネ屋→キャス岩槻→アイランドと順番に徘徊した後最後に向かったのがレイクにあるマツキヨさん。

釣り道具のメンテナンスはもちろんですが自分自身のメンテナンスも同じくらい大切でして、、、

ほいっ。

オジサン御用達の「メンズビゲン」ですよ〜。(笑)

パンダ理容室での散髪時に毎回カラーリングをしていただくのですが大体ひと月で白髪が出現し始めてふた月でサイドが真っ白になっていかにも老け感が出てくるワタシでして、

こういうときは自宅で白髪染めをバキっとしまして見た目だけでも若返る必要があるわけです。(笑)

自宅に帰ってからお風呂でヌリヌリしてあげまして、これでひと月ほど白髪をごまかせるはずです。

ただの土曜日をブログにアップして皆さまがご満足していただけるかは?ではありますが、サカナ釣りに行かないと案外1日は長いんだなぁということをしみじみと感じたオジサンの土曜日でございます。

日曜日の亀山半ドンプラクティスのレポートにつきましては今日中に記事を書き起こして明日あたりにブログアップしますので、今しばらくお待ちいただければ幸いです。

おしまい。

Posted from SLPRO X for iPhone.

最新情報をチェックしよう!