2022.1.13(Thu) 【エントリー募集中】1/15(土)の第1回おやらかしCUPのエントリーは1/13(木)にて締め切らせていただきます。

【亀山ダム釣行2017秋】 11/13 惨敗のノリーズCUP2017


昨日はワタシの46歳のバースデーでして、個人のFacebookにお祝いメッセージをたくさんいただきましてありがとうございます。(嬉)

そんな喜ばしいバースデー釣行は亀山ダム・のむらボートさんで開催された「ノリーズCUP」に参加しまして、結果は完全ノーバイトの惨敗となりました。

田辺プロや伊藤巧プロなどにサインをいただくことができて楽しい1日となりましたが、相変わらずジャンケン大会は惨敗なワタシでして特段の戦利品はなしでございます。(笑)

いざ亀山ダムへ

さてさて、バースデーだった昨日は、亀山ダムでのノリーズCUPに参加するために朝3時に起きまして、

普段の重役出勤とは異なり、4時前に自宅を出発して5時半頃につばきもとさんに到着しました。

朝からごった返す中イソイソとボートのセッティングをしまして、

朝のつばきもと前での水温は16℃を切るくらいでして、先週よりも一段と水温が下がりましたが、濁りは相変わらずでございます。

会場はのむらボートさん

さてさて、今回のノリーズCUPはつばきもとのお隣ののむらボートさん主催でして、つばきもとからも出船OKというスタイルなので、6時半の出船時間になったらつばきもと組は一斉にのむらさんへ大移動です。

のむらボートさんに到着した後、お迎えしてくださったのはMC担当の伊藤巧プロ。

大会の受付をした後、レギュレーションの説明がありまして、

  • 帰着は12時半
  • 1本リミット
  • キーパーは30cm

ということで、目標は何とかキーパー1本といったところです。

田辺さんは「デコ率50%」とおっしゃっていましたが、先週釣りをした感じですと個人的にはデコ率80%くらいではないかと。

ということで、予定よりも少し早めに大会がスタートしました。

5時間ちょっとの大会の中で1本獲ることは、普通のかたにはそんなに難しいことではないかもしれませんが、釣れないくんなワタシには相当高いハードルです。(笑)

カバーを撃つべし

今回のメインはカバー撃ちと決めていましたので、エスケープツインの7gテキサスをリグりまして、

ひたすらカバー撃ちです。

カバーの中で上中下とタナを変えながら何かしらのヒントを探しますが、いかんせんバイトがありません。

とりあえずのむらさんを出て医院下方面へ向かいまして、

今週は岩の上島あたりに流木ストッパーのロープが張られまして、医院下筋を流したいワタシはもちろん強行突破でございます、

これらの流木はいつになったら消えるのか、そもそもどうやって処理するのか興味深いものがあります。

医院下でパワーフィネス

医院下筋に入った後タックルをパワーフィネスさんにチェンジしまして、

ひたすらカバーを撃ちまくりますが、あいかわらず無反応です。

今回初めてカバー用のスモラバさんを使ってみましたが、

DAIWAのパワーフィネスジグが大変よろしい感じでして、何がいいかと言いますと、

「ややこしいところに入れても引っかからない」

のがGOODでございます。

3.5gもあればキャストはしやすいですし、とりあえずカバーの奥に入れるだけ入れて、バイトが出たらその時に考えるという作戦を取りましたが、

医院下も異常なし

でございます。

カバー撃ち以外はドラッギング

カバー撃ち以外は、とにかくヒントを求めてブリッツEXDRのドラッギングです。

つぼりとあたりでは5〜7mくらいにオサカナの反応がたくさんあったので、ドラッギングをしながらグルグル回ってみましたが、こちらもバイトは出ません。

たま〜に何かに引っかかったりゴミを拾ったりすると一瞬ドキッとするのですが、これがバイトだったらきっと脳ミソが沸騰すること間違いなしですね。(笑)

ライブウェルにオサカナは

あっという間に5時間が経ちまして、のむらボートに帰着したワタシでして、

ライブウェルにオサカナさんは、、、

ほいっ。

もちろん空っぽでございます。(爆)

12時半に帰着、表彰式は14時からということで、それまでの時間はもちろん残業でして、お友達とそのまま本湖に繰り出したワタシは、

花より団子

でございます。

行きのコンビニで縁起をかついだトンカツ弁当でしたが、結局何にも勝てませんでした。

表彰式

14時から表彰式などが始まりまして、

田辺さんのお品書きは、

  • ストーミーマグナム
  • フロッグ
  • クリスタルSウィンドレンジ(スピナベ)
  • ボルケーノグリッパー(バズベイト)

でして、どうやらシャローのバズベイトが正解だったようです。

そして、今回の皆さまのウェイン率は、、、

30%くらい

といったところでして、この厳しいコンディションの中で、どこでどうやるとバイトが出るのかチンプンカンプンなワタシでございます。(笑)

ここからが本番

大会では、

「オサカナを釣ったかたがエラい」

わけでして、オサカナを持って帰ってきた方々は豪華賞品をゲットされていました。

もちろんボウズだったワタシは指をくわえて見ているだけでしたが、もちろんそれだけで終わるはずもなく大ジャンケン大会が始まったわけです。

MCはこちらのおかた。

ルアマガモバイルでもお馴染みの荻野プロ。チェリーリグや越前スピンのおかたといったほうが早いでしょうか。

ワタシはジャンケンは大キライでして、全く勝てる気がしなかったのですが、何せ「バースデー」ですから手ぶらで帰るわけにはいきません。(笑)

で、お誕生日のワタシのジャンケン大会の結果は、、、

「ボウズ」

でございます。

釣りではデコ率7割の中に、ジャンケン大会ではデコ率3割の中に入りまして、バースデーなのにオサカナは釣れないしジャンケンにも勝てないわけです。(笑)

どんまい。

ちなみに誕生日が1日違いのお友達は、ゴッドハンドをお持ちでして、

「神戸牛」

をゲットです。

この前は偏光グラスをゲットしましたし、持ってる人は違いますねぇ。(笑)

お誕生日、おめでとうございます。

楽しい大会でした

オサカナは釣れない、ジャンケンは勝てないという箸にも棒にもかからないワタシでしたが、ノリーズのプロスタッフの皆さまは楽しいかたばかりでとても楽しい時間を過ごすことができました。(嬉)

ということで、お茶目な田辺さんとパチリ。

Sビルにサインしていただきまして、「KEEP CAST」の文字が。(嬉)

素振りが得意なワタシは、投げ続けることは何の苦にもならないのがせめてもの救いでしょうか。(笑)

そして、今ノリノリの伊藤巧プロとパチリ。

オシャレなロッドジャケットが現地で販売されていたのでお買い上げしまして、

そして、ヒラクランクギルにサインもしていただきました。(嬉)

ということで、とても楽しかったノリーズCUPの記事はこれでおしまいです。

また来年もぜひとも参加したいと思います。


おしまい。

最新情報をチェックしよう!