【今日のつぶやき】2019.11.12(Tue) 本日無事にひとつ歳を重ねることができました。個人のFacebookにお祝いメッセージをいただきましてありがとうございます。(嬉)

7/15  ベントフッキング事件  in 亀山ダム


日曜日は猛暑の中亀山ダムへ出撃しました。

あの忌まわしき「最下位に終わったつばきもとオープン」の傷が癒えるのに2週間掛かったのですが、今となってはオサカナが釣れないことなどは実は大したことはないわけでして、、、

今回はまさかの「初めてのアレ」にて病院送りとなったポンコツなワタシでございます。(笑)

つばきもとさんの皆さまには大変ご迷惑をお掛けしましたことをお詫び申し上げますとともに、親切にしていただきましてありがとうございました。

2週間ぶりの亀山さん

今月アタマに開催された「つばきもとオープン第2戦ダンディーカップ」にてまさかの最下位となり親兄弟から弾劾を受けたワタシでしたが、 ようやく傷も癒えたので懲りもせずに日曜日に2週間ぶりに亀山さんへ出撃しました。

続・とものバス釣りコミュニティ

先週日曜日は、楽しみにしていた「つばきもとオープン第2戦 ダンディーカップ」にお友達と参加しまして、ハイテク魚探を駆使し…

珍しく3発目の目覚ましに反応しまして、3時半にレイクを出発・5時半頃につばきもとさんに到着です。

で、そこからのんびりと支度を始めまして、、、

フィーディング狙いにはビミョーな時間の6時半に無事に出船しました。

朝6時半の時点で水温は30℃弱ありまして、いよいよ亀山さんもキビしい季節が到来しました。

午前の部は大会シミュレーション

今回は午前の部と午後の部にテーマをわけまして、、、

午前の部のテーマは、

「大会を想定して何が何でも3本揃える」

でして、

お品書きは「気合いのオールスピニング」でございます。

朝8時〜9時くらいまではフィーディング系のオサカナを探しつつ、できるだけ人がいないエリアにて3本揃えようという大会を想定したシミュレーションにて、釣りグセをつけちゃおうという何とも安っぽい作戦を発動しました。(笑)

往路は毎度の展開

とりあえずつぼりと・岩の上島からスタートしまして、

ワカサギの酸欠パターンが始まったらしい亀山大橋下あたりをご挨拶しつつ、

一気に本湖まで。

特にボイルっ気もないので、さらに松下ボート方面に船を進めて、

よりとも島をかすめて一気に笹川筋上流まで。

ベイトっ気のあるところはワカサギ系のルアーにて、バンクは野良ネズミをメインに流しながら船を進めてみましたが、亀山のオサカナさんは相変わらずワタシには微笑みません。(笑)

笹川筋の広瀬あたりの水温は29℃で思いの外高かったことと、流れの発生するインレットもなかったので、笹川筋は完全にハズした状況のようです。

この時点で10時。ここまでは大会で毎度遭遇するシチュエーションでして、ここから13時の帰着までにどうやって3本揃えるかというのが今回のテーマでございます。

復路は頑張りました

ということで、ここからタックルはドライブクローラー3.5のノーシンカー1本に絞って、つばきもとまでの帰路にてフィネスフィッシング開始です。

基本的には、岩盤系のオーバーハングにドラクラをポイっと投げてフォールさせまして、、、

ほいっ。

楽しいとか楽しくないではなくオサカナを3本獲るために気合いを入れてフィネスフィッシングをしまして、、、

13時前にオサカナ3本を揃えて無事に帰着しました。(嬉)

気になるウェイトは、、、

1本目: 100g

2本目: 200g

3本目: 100g

4本目: 300g(入れ替え成功)

ということで、精一杯頑張った結果は3本-600gでしたが、今のワタシにはこれが限界でございます。(笑)

午後は巻物と撃ち物

とりあえずランチに「勝利のカツカレー」をいただきまして、

午後は、ベイトタックルを3本追加しまして、「やりたい釣り」を展開しました。

エリアは長崎〜亀山大橋まで。

バンクや沖の立ち木をクランクで流したり、ネコやテキサスを撃ち込んでみましたが、多分やっていることが間違っているのでしょう。(笑)

16時くらいからは「ボイル」も念頭に入れつつ、何ヶ所かボイルの名所も回ってみましたが、今回もボイルは不発でした。

こうして6時半から17時半まで亀山さんでの釣りを満喫しまして、いよいよ「初めてのアレ」が起こったわけです。

ベントフッキング事件勃発

17時半に無事に帰着をしまして、残りは後片付けをしておしまい、のはずだったのですが、いよいよここからが本編の始まりでございます。(笑)

通常は使い終わったワームやフック・ルアーなどをケースやボックスにしまった後で、デッキや魚探・エレキの取り外しを始めるのですが、、、

ルアー類を片付けた後に、何故か出てきた「ベントミノー」さん。

これだけをあらためてルアーボックスに仕舞えば良かったのですが横着をしてしまいまして、、、

ネットと一緒に片付けをしようとしたところ手元が狂いまして、ベントが右手人差し指にグサリ。

吉羽園育ちのワタシはフックは基本バーブレスなのですが、このベントだけはカエシを潰していなかったブツでして、、、

噂にはいろいろと聞いていた「指にフック刺さり」が、ついにワタシにも降りかかってしまいました。(泣)

とりあえず、つばきもとのヤマシタさんにおやらかしを報告しまして、、、

百戦錬磨のヤマシタさんは何度か激刺さりフックを抜いたことがあるそうでして、ちょいとお願いしてみたもののやはりムリそうなので諦めて病院を探していただくことにしました。

フックが刺さったら

その昔、吉羽園でほっぺにフックが刺さったかたがいらっしゃいまして、気合いで抜いて欲しい旨をお願いされたことがあるのですが、やはりフックが刺さってしまったら迷わずお医者さんに行くことをオススメします。

鴨川の亀田総合病院へ

亀山界隈で言うと医院下筋の由来となった榎本医院さんがありますが、もちろん土日(さらに夜間)ですからやっているわけもありません。

ということで、ヤマシタさんに探していただいた病院が、君津市のお隣鴨川市にある亀田総合病院でございます。(いろいろとお手数をお掛けして申し訳ありません)

よく亀山へ向かう道中ですれ違う高速バス?の行き先となっているところでして、奥さまも知っていたので外房エリアでは有数の病院のようですね。

亀田総合病院のWebサイトはこちら

とりあえずベントが指に刺さったままクルマの運転をするのはシンドイ(ルアーがブラブラするたびに激痛が走る)ので、ヤマシタさんにニッパーで切っていただきまして、

30〜40分ほどクルマを走らせまして、19時半頃に亀田総合病院に到着です。(九十九里の海のすぐそばでした)

日曜日の夜ということで病院は随分と混んでいまして、1時間ほど待った後ようやく順番が回ってきました。

ちょいと苦戦しましたが

滅多にない機会なのでセンセイにいろいろとお話聞いてみたところ、お土地柄結構フック刺さりの処置は多いそうでして、、、

  1. 糸をフックに巻きつけて抜く
  2. ダメなら逆に貫通させて抜く
  3. それでもダメなら切開する

のが処置の基本で、ほぼ1で対応できるそうですが、ワタシの場合フックをニッパーで切ってしまったことがよろしくなかったようでして、

  • 糸がフックにうまく引っかからない
  • 逆に貫通させるにもフックが短くて貫通できない

という、センセイからするとちょいと厄介なケースだったようです。

ということで、患部に麻酔を打ってアレコレ手を変え品を変え格闘すること20分、麻酔が効いていたので全く気付かないうちにセンセイがフックを無事に抜いてくれました。(嬉)

気になる治療費は保険適用にて2500円といったところでして、もちろん緊急対応ということで、クレジットカードもOKのようです。

今回お勉強したことは、

  • フックが刺さったらお医者さんへ行くこと
  • フックは切断せずにそのままの状態が良い(余裕があればフックをリングから外す)
  • 止むを得ず切断する場合はできるだけフック部分を残してあげる

といったところでしょうか。

ストリング・ヤンク・テクニック

ルアマガさんのサイトに糸を使ったフックの抜きかたの記事があったのでご参考まで。

釣り人がいつ遭遇してもおかしくない身近なアクシデントといえば、指にフックが刺さってしまうこと。特に毎日かなりの数のフック…

病院でセンセイがやっていたのも、この「ストリング・ヤンク・テクニック」という方法でして、ストリングは糸、ヤンクは引っ張るという意味だそうでして、プライヤーで引っ張るよりも力学的に何かが理にかなっていて、抜けるときは瞬殺のようですよ〜。

たかがフック・されどフックでして、案外ただ刺さっているだけの痛みはそれほどでもないわけでして、、、

刺さっているときの痛みは10段階の2くらい、刺さったフックが動いたときの痛みは10段階の7くらい、麻酔を打ったときの激痛は10段階の9といったところでした。

まあそれでも、あの胃カメラに較べれば、耐えられないことはないレベルです。(笑)

続・とものバス釣りコミュニティ

今日は、人生お初の「胃カメラの日」でして、果たしてポンコツなワタシは無事に乗り切ることができたのでしょうか。 (アイキャ…

今回さすがに懲りたので、フックのバーブレス化はちゃんと手抜きをしないでやろうと思うワタシでございます。

結局朝帰りです

20時半過ぎに病院の処置が終わりまして、このままドライブしながら帰宅というわけにもいかず、、、

後片付けの途中で病院に行ったものですから、もちろんつばきもとさんにトンボ帰りをしまして、後片付けの続きをしたわけです。(ヤマシタさん、睡眠時間を削ってしまい申し訳ありません)

その後22時過ぎに亀山を後にして、途中のコンビニで晩ご飯を済ませて何とか24時を目標にクルマを走らせていたのですが、京葉道路に入ったあたりで猛烈に眠くなってしまったので、幕張のパーキングエリアで緊急ピットインしまして、、、

ほいっ。

1〜2時間ほど仮眠をするつもりがガッツリ寝てしまいまして、結局朝帰りとなってしまいました。

今年のおやらかしランク1位です

本人は至ってマジメに過ごしているのですが、まあ日々いろんなことが起きまして、これが今年の「おやらかしランキング堂々の1位」となる事件の顛末です。

こうした経験をすると、「釣れない」ことなんて事件でも何でもないわけでして、あの悪夢のノーフィッシュ事件なんて蚊に刺されたようなものですね。(笑)

ということで、これ以上おやらかしがランクインすることのないよう心静かに釣りをしたいと思う今日でございます。


おしまい。

Posted from SLPRO X for iPhone.

最新情報をチェックしよう!