3/31  帰ってきたおやらかしプリンス in 亀山ダム

日曜日は3週間のリフレッシュ期間を経て、キング亀山さんに出撃しました。

記事を書き始めた昨日は1年に1回の「好きなだけホラを吹いてもよい」日ではありましたが、毎度の惨敗っぷりにホラ話すら思い浮かばないワタシでございます。(笑)

おやらかし戦艦発進

土曜日の出撃は諦めて休養をたっぷり取ったため、日曜日は比較的早めに起きまして、、、

久しぶりの亀山さんへの出勤も何やら感慨深いものがありまして、

3週間ぶりにつばきもとさんに帰ってまいりました。(嬉)

その後やまちゃんに復帰のご挨拶をしつつボートのセッティングをテキトーに済ませまして、

8時前にフライホイールを接続して「おやらかし戦艦やまと」は無事に出船しました。

今回の相棒は、

・ジョイクロ フロッグ ヘビテキの「3種の神器」

・ジャークベイト ブルフラットのライトテキサス ネコリグ のベイト軍団

というスターティングメンバーでございます。

BLX-SG 701XHSB-SB 簡易インプレ

日曜日の釣行にてビッグベイト用のBLX-SG 701XHSB-SBをデビューさせましたので、とりあえずの簡易インプレを書きます。

701XHSB-SBは、7フィート・エクストラヘビーパワー・スローテーパーのスイムベイト用のベイトロッドというモデル記号でして、ルアーウェイトは1/2〜5・1/2ozまで背負えます。

今まで1・1/2ozまでのヘビーテキサスロッドでジョイクロ178(2oz)を投げていたワタシには、どうしてもキャスト時に「ロッドが折れるかも」という不安がありまして思い切って振り込めませんでしたが、やはりビッグベイト専用ロッドは安心感が違います。(嬉)

まずはボートと狙うポイントの距離感を合わせるのが最優先だったので、1時間ほど掛けてジョイクロ178(2oz)とカワシマイキー(1.2oz)を交互にルアーチェンジしながらひたすらキャストを繰り返しました。

スローテーパー(元調子)なのでロッド全体をしならせてキャストするようなイメージでしたが、2ozくらいではほとんどロッドがしなっている感はなくて個人的には棒のようですが、ジョイクロあたりはティップがガチガチな感じのほうがラインスラックを取りやすいので、S字系対応のロッドというのはこういう感じなのでしょうか。

自重138gのビッグベイトロッドをまさかシングルハンドでキャストすることはありませんので、グリップエンドに左手を添えての右手でのサイドキャストがメインとなりますが、今のところ違和感のようなものは特にありません。

  • ジョイクロ178/ジョイクロマグナム
  • ブルシューター160/ブルシュータージュニア
  • カワシマイキー
  • デビルスイマー
  • ダッジ
  • NZクローラー

このあたりの重量系ルアーをこれからアレコレ楽しみたいと思う次第でして、何とか今年中には入魂できることを祈るばかりです。

小櫃バックウォーターでのギャンブルは失敗

水温は春らしく12℃あたりまで上昇してきましたが、1mの減水が気になる亀山さんでございます。

ということで、まずはヴァルナさんで白鳥島をひと通りご挨拶した後、

カラス宿をジョイクロとフロッグで空爆です。遠くでアカガエルの鳴き声も聞こえますが、鳴き声は決して「ゲコゲコ」ではありませんのでお気をつけください。

で、ここから大きく舵を取りまして、、、

岩の上橋を越えて長崎からおりきさわ方面に向かいまして、

砂淵あたりを華麗に通過して一気にプールを目指しましたが、

減水のため太淵の先あたりで残念ながらエレキ航行は不可でした。

久しぶりの上流域ということでもちろん偏光をセットしてオサカナチェックをしてみたところ、、、

見るのはコイばかりで、ワタシにはバスは1本も見つけられませんでした。

「7連敗中のオマエはそんなことしてる場合じゃないだろう(怒)」

とお思いのアナタ、ご指摘・お怒りはごもっともでございます。(笑)

  • 上流域の水温は11℃程度・ボートはほぼいない
  • 減水中・ベイトを含めてサカナっ気なし

というメリデメを天秤に掛けて、2時間ほど時間を掛けてカワシマイキー1本勝負を仕掛けてみましたが、ギャンブルは失敗に終わりました。

↑のようなマイキーフィッシュのイメージはできていたのですけどね〜。(笑)

2ヶ月ぶりのバイト

あっという間に11時になりましてとりあえず長崎あたりまで戻ってきたのですが、ここでカツカレーを食べると前借りがまた2本増えて返済ができなくなるのでつばきもとランチは諦めて釣り続行です。

ここからは、

  • 岩盤エリアのブルフラット
  • 水中ブッシュのカバーネコ/カバーダウンショット
  • 少し岸から離れた地形変化のダウンショット

にチェンジしまして、岩の上橋から長崎までの魚影が濃いエリアにロックオンして釣り込んでみました。

久しぶりにベイトフィネスタックルでのブレーバー5インチのネコリグを楽しんだ後、レッグワームのダウンショットにリグをチェンジしてスローな釣りを楽しんでいたところ、2ヶ月ぶりにコンとバイトが出たので鬼フッキングをかましたのですが、、、

幸せは3秒ほどで終わりまして、痛恨のフックアウトでございます。(泣)

バイトが出たのはちょっと岸から離れた張り出しの6mライン、といったところでした。

ベイトフィネスタックルの10ポンド・3.5gシンカーでのレッグワームのダウンショットを投入してみましたが、3.5gあれば5〜6mでもちゃんとボトムを取れますしちょいとややこしいところでも最悪はフックを伸ばして回収できるので、攻めのダウンショットとしてはアリだということがわかっただけでも収穫アリでございます。

その後、気分良く釣りを続けていたところ、手のあたりから何かが落ちてきまして、、、

普通に釣りをしていてベイトリールからハンドルノブが落ちてくることがあるのでしょうか。(笑)

しばらくノブ1個のまま釣りを続けてみましたが、気持ちよく釣りができないのでダウンショットはこれでおしまいとなりました。(泣)

その後、つぼりと経由で医院下筋に突入しまして、

減水でカバーらしいところはなくあまり撃つところはないものの、ドライブビーバーの1/2ozテキサスにて素振りの練習をしまして、こうしてワタシの復帰戦はワンバイトのみの惨敗で終了しました。

日曜日は夕方に予定があったため14時半に下船して15時半に亀山を後にしたのですが、、、

早上がりしたにもかかわらず帰りの京葉道路で渋滞に巻き込まれまして、結局帰りは3時間も掛かってしまいました。

3週間のリフレッシュ期間を経ての復帰緒戦でしたが、相変わらずワタシには厳しい亀山さんでして、連敗は危険水域の8にまで伸びましたが、何とか改元前までに連敗を止めたいところです。(笑)

おしまい。

Posted from SLPRO X for iPhone.

最新情報をチェックしよう!