2021.4.13(火) 【ブログ更新】4/11(日)の亀山・バスマニアカップは突然気性難が解消されまして、堂々のリミットメイクに成功したワタシです。(嬉)

5/12  各種大会に向けてのプラクティス in 亀山ダム


日曜日は夕方から所用があったため、13時下船の半ドンにて亀山さんへ出撃しました。

今週末から始まる各種大会に向けて釣れないくんなりの「プラ」をしてきたのですが、手応えとしては「特筆すべき成果は特にはないものの何とかノーフィッシュは回避できそう」といったところでしょうか。(笑)

大会のオンパレード

普段はボーッとやりたいことをやってサッパリ釣れないことが多いのですが、やはり緊張感の中で大会に参加するのは楽しいものでして亀山・つばきもとさんから出船可能な大会はできる限り参加するようにしているワタシです。

5/18(土)はお友達とのプライベート大会

今週土曜日は、愉快なお友達とのプライベート大会が開催されます。

続・とものバス釣りコミュニティ

今日は、愉快なお友達とのプライベート大会にて亀山さんに浮いてきました。 ランチ前借り三昧なワタシはつばきもとさんでのラン…

前回はドライブシャッドが炸裂して奇跡的に優勝することができましたが、基本的には賑やかしなのでラッパは吹かずまずはオサカナをちゃんと持ち帰ることが最優先です。

5/19(日)はバスマニアカップ

そして、そのまま日曜日は連闘にてお初のバスマニアカップにエントリーしました。

キーパー25cmの2本リミットということなので、こちらもきちんと2本を揃えた後大勝負してみようと思います。

つばきもとさんでの連闘時は千葉の奥さまの実家に転がりこむことが多いのですが、今回は諸事情にてレイクに一旦帰らなければいけないので日曜日の出勤に一抹の不安ありです。(笑)

6/2(日)はミシマオープントーナメント

6月に入って最初の大会は、「ロケット発射事件」でお馴染みのミシマオープントーナメントです。

こちらはのむらボートさんがメインの大会につばきもとさんからも出船OKなのですが、のむらさんの大会は恐ろしくハイレベルなのでまずはロケットのリベンジをすべくオサカナを持ち帰るのが最優先です。

6/16(日)はつばきもとオープン初戦

そして6/16からいよいよつばきもとオープンが始まりまして、初戦の冠は霞ヶ浦ダンディこと村川勇介プロでございます。

つばきもとオープンはワタシの惨敗の歴史そのものでして、去年のダンディCUPはハイテク魚探を駆使しての堂々の最下位を食らった思い出深い大会です。(笑)

続・とものバス釣りコミュニティ

先週日曜日は、楽しみにしていた「つばきもとオープン第2戦 ダンディーカップ」にお友達と参加しまして、ハイテク魚探を駆使し…

今年のつばきもとオープンは、とにかく全戦でリミットを持ち帰ることを最低限の目標にして一歩前進したいと思います。

日曜日は6時すぎに出船しました

ということで、今週末の連闘に向けたプラに出撃すべく日曜日はちゃんと2時半に起床しまして、5時前に亀山・つばきもとさんに到着しました。

この時期は出船時間が5時なのでこの時間の到着では下の駐車場は満車なのですが、かといってこれ以上早く出発するとなると寝る時間がほとんどなくなるので仕方ありません。

つばきもとのやまちゃんとしばし談笑した後、とりあえずテキトーに支度をしまして6時に出船レディとなりました。

が、この日はいろいろとやることがありまして、

魚探のマップ情報の入れ替え

GWの入鹿池でのデプスマッピング情報を慎重にメモリーカードにセーブしまして(これを間違えると大変なことになります)、

亀山さんの東エリア用のマップに無事に入れ替え完了です。

スピニングロッドのトップガイド補修

お次は、トップガイドが緩んできたスピニングロッドの補修でして、

このロッドのトップガイドはスレッドを巻いていないので、ポットグルーにてトップガイドを再取り付けして完了です。

日曜日のお品書きと今年の目標

とりあえずのお品書きは ベイト×3 スピニング×3 の6本を用意しましたが、

大会本番でタックル6セットは多すぎるので、できればここから ベイト×2 スピニング×2 の4セットくらいに絞り込みたいところです。

普段からサッパリ釣れないワタシではありますが、ハイテク魚探の恩恵もありまして亀山さんで「釣れる」とされる場所の引き出しはそれなりに増えてきました。

バス釣りは「ポイント × 釣り方」 を探して楽しむゲームなので、「ポイント」だけ知っていてもオサカナが釣れるわけではなくワタシなどは毎回「釣り方」を探しているうちにあっという間に時間切れとなってしまうわけです。

ワタシが思うにバス釣りは結局のところ「確率のゲーム」でして、釣れる確率の高いポイントと釣り方をいち早く見つけたかたの勝ちでして、数多くの引き出しの中から正解を導くかたが「釣れる人」と呼ばれているのではないでしょうか。

その点ワタシなんかは、

  • 何の根拠もなくフルスイングでの空振りを繰り返し
  • 慌てて投入する付け焼き刃のフィネスは時すでに遅し

でライブウェルが空のまま苦々しく帰着、といったことを繰り返してきたわけでして、今年の大会は「とにかくオサカナを持ち帰ること」を最優先に設定した上で、少しでも釣り方の引き出しを増やすことが今回のプラの目標でございます。

今度の土日の大会はライブウェルを使った2本の重量勝負なので、とりあえずの目標は2本1キロと設定しました。

ということで、今週末の連闘に向けたプラクティス釣行スタートです。

とりあえず本湖方面へ

とっても広い亀山さんでの現在のワタシの守備範囲は本湖から東エリア(小櫃バックウォーターと猪の川除く)なので、手持ちのエリアの中で釣り方を探す旅に出ました。

水温の上昇とはうらはらに少しずつ減水が始まり、朝方は曇っていてさらに風も吹いていたので上着がないと肌寒いくらいの亀山さんでして、そんなに良いコンディションではなさそうな中まずは一気に本湖方面へ船を進めました。

スポーニングも終盤戦に差し掛かりところどころに「フライ」も見えるようになりましたが、果たして亀山バスのご機嫌はいかがでしょうか。

フォールスティック3インチはエサ?

とりあえず藤林大橋まではドライブシャッドとウェイテッドのブル3.8での「上の釣り」への反応を見つつ流していきましたが、風がビュービュー吹いているのでさすがに表層はツラいです。

それでも無理は承知の上で最近お気に入りの橋脚にドライブシャッドを投入してみたところ甘噛みバイトが出たので、少し時間をあけてフォローを入れてみたところ、、、

ほいっ。

1本目は500gといったところでしょうか。

フォローに使ったのは、最近SNS界隈でエサと呼ばれているエンジンさんのフォールスティック3インチ・ノーシンカーでして、

フロロ3.5ポンドを巻いたスピニングにて、7〜8メーターの橋脚のキワを丁寧に落としていったところ深めのところですっとラインが走りました。(嬉)

さらに「マンメイド × ノーシンカーフォール」 を検証すべく、どっからどうみてもザ・マンメイドに向けてそおっとエサを落としてみたところ、、、

ほいっ。

こちらも少し深いところまで落としたところでラインが走りまして、2本目は少し小ぶりな250gといったところです。

どうやらコイツはエサらしいというのは間違いではなさそうでして、今シーズンの1軍でのスタメンは確定しました。(笑)

7ポンドあたりのベイトフィネスタックルのほうがキャストは軽快なのですが、フォールのナチュラル感を考えると細ラインのスピニングでベールを開けたままじっくりとフリーフォールさせたほうが良さそう、というのが今のところのインプレです。

本当はそのまま本湖でしっぽりと釣りをしたかったのですが風が爆風級になってきて本湖では釣りになりそうもなかったので、本湖エリアは諦めて風が弱まるまでカラス宿にて休憩することにしました。

とりあえず風をよけながらフォールクローラー3.5インチのスナッグレスネコを投入しまして、、、

これまた一撃で小バスが引ったくっていきましたが、これ以上は幼児虐待でお縄になそうなのでヤメておきました。(笑)

ここまでの感触では岩盤系やマンメイドでのオサカナのレンジは思ったよりも少し下といったところでしょうか。

シャローフラット×セクシーライトキャロ

2本750gといったところでさらに入れ替えをすべく白鳥島のシャローフラットにロックオンしまして、

相棒はもちろんセクシーインパクトの2.7gライトキャロ、通称セクシーライトキャロでございます。

船がいないという条件付きではありますが、これを白鳥島のフラットの上にポイっとキャストしてズルズルと引くだけで、、、

推定1キロのオサカナがバイトしてきましたが、残念ながらジャンプ1発サヨウナラ〜。

そうこうしているうちに白鳥島に船が増えてきたので一旦ここは後回しにすることにしまして、野良ちゃん片手に医院下筋の右側をドン突きまで流していくことにしました。

ドン突きにて再びセクシーライトキャロにチェンジしましてさらなる可能性を検証してみたところ、またまた30センチくらいのオサカナが即バイトしてきましたが、またしてもジャンプにてフックアウトです。

ちょっとフックが伸び気味だったことを反省しつつ、とりあえず3メーターくらいまでのシャローフラットでのセクシーライトキャロは勝負できそうな気になりました。

日曜日は13時に下船すると決めていたので医院下のドン突きを12時半に後にしまして、

白鳥島にてセクシーライトキャロにて最後のひと勝負を挑んでみたところ、

ほいっ。

下船5分前に推定300gの「上がりフィッシュ」を釣りまして、プラの目標1キロには届きませんでしたが2本で800gといったところでフィニッシュしました。

まとめ

日曜日はあんまりいい天気ではありませんでしたが、ポンコツにしてはそれなりに集中して釣りができたのでヨシとしたいところです。

とりあえずカツカレーのための2本はクリアしたので下船・片付け後にカツカレーを美味しくいただいて14時につばきもとさんを後にした次第です。

1週間前の釣行が果たしてとのくらい役に立つのかという疑問は無きにしも非ずではありますが、とりあえずの今度の土曜日のお品書きは、

  • レッグワーム ダウンショット用のフィネススピン
  • フィネススナッグレスネコ兼ノーシンカー用のフィネススピン
  • セクシーライトキャロ用のベイトフィネス

のフィネス3本を主力に置いて2本揃えた後、

  • 表層サーチ用ドライブシャッドのベイト
  • カバー撃ち用のオトコのベイト

で1発狙ってみようと思います。


おしまい。

Posted from SLPRO X for iPhone.

最新情報をチェックしよう!