2020/4/7(Tue) 本日全国7都府県に緊急事態宣言が発令されまして、房総ダム湖の各ボート屋さんも4/9(木)からしばらく自粛休業となるそうです。

6/16  つばきもとオープン2019初戦 in 亀山ダム


日曜日は、楽しみにしていたつばきもとオープン初戦「村川勇介CUP」に参加してきました。

土曜日の大雨でのどちゃ濁りと予報どおりの爆風に悩まされた亀山さんでしたが、エンジン・フォールスティックとハンクル・ジョーダンで何とかリミットの2本をお持ち帰りすることができまして、27位でフィニッシュとなったワタシでございます。

オトナの出勤

今回も一旦レイクに帰ったワタシの最大の難関は「日曜日朝ちゃんと出勤すること」でして、亀山さんからの出船禁止措置を回避すべく日曜日はちゃんと2時に起床しまして、、、

ほいっ。

「朝ちゃんと来る(3.9倍)」に当選されたかたは、おめでとうございます。(別に賞品があるわけではありませんが)

前日にエレキ系とライブウェルのセット、お品書き作成まで済ませていたワタシなので、支度としてはミドルデッキと魚探をセットするだけでOKでして、

これがオトナに相応しい大会の臨みかたということでしょうか。(笑)

今回のお品書き

土曜日に出船もしないでムダに数時間掛けて作成した今回のお品書きは、、、

・ビッグベイト系と準本命のブル3.8 5gテキサス

・本命のフォールスティック4インチノーシンカー

・濁っているので巻物系

・積むかどうか迷ったフィーディング治療薬

明らかに迷走している感はありますが、

  • メインはフォールスティック4インチのノーシンカー
  • 準メインはブルフラット3.8の5gテキサス
  • リミットが揃ったら巻き物も投入
  • フィーディング用セットはダメ元で
  • どうにもならなかったらフォールクローラー3インチで

といったお品書きで臨むことにしました。

村川勇介プロと昭和電機さん

ひょっとしたことから顔を覚えていただいてお話させていただくようになった、今回の大会の冠の「霞ヶ浦ダンディ」こと村川勇介プロ。

相変わらずお茶目な村川さんでして、出船前にパチリとお写真をいただきました。

村川さんが今年からお勤めの昭和電機さんは、イマイチ何をする会社なのか理解していないワタシでして、調べてみたところ送風機(ファン・ブロア)がメインの会社のようですね。

送風機とミストコレクター、集塵機の昭和電機

それに加えて、最近話題のチャージャーボートやベクサスボートを代理店として取り扱っていたり、

得意のモーター技術を活かしてエレキ用のブラシレスモーターの開発したりと、最近よくSNSなどで昭和電機さんを目にするのも納得です。

ブラッシュレーサのWebサイトはこちらから

理系出身にもかかわらず物理(機械・電気)系がサッパリなワタシでして、ブラシレスモーターとは何者かをちょこっと勉強してみましたが結局チンプンカンプンだったのはここだけのお話です。(笑)

今回は無事にお持ち帰りしました

ということで、とりあえず5時半過ぎに一斉スタートとなりまして、

爆風がスゴい中12V1発のワタシには本湖方面にはちと不安があるものですから、今回はつばきもと周辺をフラフラしながら人のいないところに入ることにしました。

カラス宿×フォールスティック4

まずはカラス宿が空いていたので、つばきもとからそのまま対岸のカラス宿に向かいまして、

本命のフォールスティック4インチ・ノーシンカーをインレット付近にポイっと投げまして3メーターくらいフォールさせていたところ、クンとバイトが出まして、、、

ほいっ。

開始数投にて450gくらいのオサカナをゲットしまして、喜びのライブウェルスイッチオンです。(嬉)

そんなにサイズは大きくありませんが、ゼロとイチは大違いなのでこれでのんびりと釣りができます。

大雨で流れの発生したカラス宿のインレット付近をその後何ヶ所か徘徊しましたが、残念ながらご褒美はこれ1本で終了です。

フィーディングタイム×ジョーダン

その後ブル3.8のミドストスイミングに切り替えてカラス宿を往復していたところ、エレキに反応してのまさかのフィーディング発生。

そうですか、アリですか。(笑)

ならばということで、つぼりと方面に船を進めたところ、一緒に大会に参加したお友達がとあるメジャーポイントでフィーディングフィッシュと格闘していまして、、、

想定外のフィーディング遭遇に対し、フリックシェイクで対処するとはさすがでございます。

そんなステキな場面を「重度のフィーディング病」のワタシが放っておけるはずもなく、少しポイントをシェアさせていただきまして、

もちろんお供は土曜日にブラックさんでお買い上げしたアワビ貼りのジョーダンでして、ボイルが発生した場所にジョーダンをポイっと投げるもののオサカナのミスバイトにてモノにできません。(泣)

2発ミスった後残念ながらボイルが終了してしまいましたが、ここからしばらくポイントを休ませた後ジョーダンの超高速巻きにて最後のひと押しをしまして、

ほいっ。

この時点でまだ8時前でしたが、250gといったオサカナではあるもののこれでリミットが揃いました。(嬉)

爆風&どちゃ濁りでフィーディングセットを船に積むか迷ったワタシでしたが、念のために積んでおいて良かったです。(笑)

結局この2本で終了です

その後しばらく粘ってみたもののそんなにサイズアップは望めそうもなかったので、この場所を諦めまして、長崎さんに移動です。

この日は岩の上島あたりから上流は明らかに濁っていまして、念のためフィーディングチェックをしてみましたがノー感じでした。

こうなれば数を釣って少しずつ入れ替えるよりは一発当てたいと思うのが人情でして、、、

その後再びカラス宿に戻りましてブル3.8でのミドストスイミングにシフトしましたが、残念ながらバイトはありません。

ラスト2時間といったところで医院下筋に入りまして、深いエリアをブル3.8のスイミングで流した後、3メーターくらいのシャローレンジをスピナベとクランクで巻き倒しましたが、結局入れ替えをすることができずに12時50分に無事に帰着しました。

基本的にはやり切った感があるのですが、敢えてやり残したことは

「医院下筋の1/2オンステキサスでのカバー撃ち」

でして、ドライブビーバーやエスケープツインあたりをカバーにおみまいしたら何かイイコトが起きたかも知れません。

結果は27位フィニッシュでした

数々の惨敗を繰り返してきたつばきもとオープンでして、とにかく大会で絶対に避けたいのは「ゼロ帰着」です。(あのゼロ帰着申告の虚しさは何とも言えないものがあります)

そういう意味では最低限のオシゴトはできたワタシでして、検量の結果2尾692gで今回は65組中の27位フィニッシュとなりました。

その後、表彰式・抽選会・記念写真などの大会イベントが終わりまして、

  • サブロクさんのマウント
  • エボルテックさんのリチウムイオンバッテリー
  • 昭和電機さんのブラッシュレーサ

などの展示品を最後に見学しまして解散となりました。

関係者の皆さま、今年も楽しい大会をありがとうございました。

残業&忘れ物

その後まだ下船までに2時間くらい時間があったのでお友達と残業に出まして、

医院下筋にてドライブビーバー3インチの7gテキサスにてひたすらカバー撃ちをしてみましたが、特に異常はなくひたすら素振りをして終わりました。

一見アンバランスな感じがするドライブビーバー3の7gテキサスでしたが、ゴチャゴチャしたところも入れやすいので引き続き習熟してみようと思います。

17時半に下船してダラダラと後片付けで1時間、その後お友達と解散した後にお腹が空いて仕方がなくなったワタシでして、久しぶりにお湯を沸かしまして、、、

久しぶりのカレーメシは大変美味しゅうございました。(笑)

忘れん坊将軍と2本目のガイド破損

その後、やまちゃんととりとめのない世間話(白鳥島の名前の由来とか)をしてつばきもとさんを19時半に後にしたのですが、土曜日から「つばきもとさんの乾燥室に入れっぱなしだったレインウェア」の回収をとうとう忘れてしまった忘れん坊将軍です。

さらに、現在ベイトフィネスのスカイレイをガイド修理にてあるところに入院させているのですが、

日曜日に活躍してくれたウェアウルフさんも、一番根元のダブルフットガイドの片足が折れているのを発見しまして、、、

上り調子なのか下り調子なのか判断に迷うワタシでございます。(どんまい)


おしまい。

Posted from SLPRO X for iPhone.

最新情報をチェックしよう!