【今日のつぶやき】2019.9.23(Mon) 日曜日のつばきもとオープン第2戦は2尾-910gにて23位フィニッシュでした。

9/1  久しぶりの連闘釣行 in 亀山ダム


土曜日は午後から出船して虎の子の1本を楽しんだのですが、今度の週末に亀山さんに行けないことが既にわかっているワタシは、一度レイクに戻った後日曜日も連闘にて亀山さんに出撃しました。

今回のテーマは「ブルヨンパチ」と「リバウンドスティック5」の習熟でして、果たして両ワームにてオサカナを釣ることができたのでしょうか。

珍しく早起きです

連闘に一抹の不安があるワタシではありますが、何とかカラダにムチを打って起きまして、

エレキなどはロックを掛けて積みっぱなしにしておいたので支度に時間が要らないわけでして、日曜日は6時過ぎに出船しました。

日曜日のお品書きとミッション

日曜日は土曜日と変わらないお品書きでして、擊ち物3本と巻き物2本を船に積み込みました。

で、珍しく今回はテーマを

ブルヨンパチとリバウンドスティック5でオサカナを1本ずつ釣る

と決めまして、少しハードルは高いのですがミッションをクリアした段階で上がってヨシとする変則ルールを導入してみました。

もちろん釣れなければ夕方まで居残りとなるのですが、

午前中にブルヨンパチとリバウンドスティックで1本ずつオサカナを釣って、お昼につばきもとのカツカレーを食べたら即退散して、そのままブラックさんに立ち寄って憩う

というのが最良のシナリオでして、果たしてウマくいったのでしょうか。(笑)

朝イチは挨拶がわりのクランキング

時間はたっぷりあるので朝イチからとりあえず本湖方面に向かいまして、移動中は立ち木エリアの沖側をディープクランクのドラッギングで流していきました。

で、一気に本湖に移動しまして手っ取り早く巻きの1本勝負です。

↑ 地形変化(魚探の画像でどこかわかります?)を重点的にクランキングしましたが特に異常はありません。(笑)

ブルヨンパチはかなりの高ハードル

「エサ」と呼ばれるサンパチさんからたった1インチ(2.5cm程度)サイズが大きくなるだけで、バイト数は激減するブルヨンパチさん。

朝の2時間ほどをクランキングに費やしてお腹いっぱいになったので、いよいよ本命のブルヨンパチさんにチェンジです。

普段はどうしても釣りやすいサンパチさんを使ってしまうのですが、今回はデカバスハンティング用のヨンパチさんの習熟です。


TACKLE SETTING
  •  STEEZ HARRIOR S-Spec
  •  STEEZ 103HL + KTF KAHEN NEO SPOOL
  •  FC SNIPER 20lb
  •  BULFLAT4.8inch 7g TEXAS RIG

本湖からの帰りにそのまま神社下に入りまして丁寧に擊ち続けること1時間、ようやく幸せがワタシに訪れまして、、、

ほいっ。

土曜日のヨンゴーさんには及びませんが、それでも立派なヨンマルさんでございます。

最初は2.7gシンカーでのライトテキサスで使用していたのですが、少し深いところでの操作性を重視して7gシンカーにチェンジしたら気持ちよく吸い込んでくれました。(嬉)

この時点で10時過ぎ。もう少し苦戦するかなと思いきや、早めにひとつめのミッションがクリアできて何よりです。

リバウンドスティック5は何となく釣れる気が

日曜日は中々の猛暑となったので日陰に入って涼みつつ、残るミッションであるリバウンドスティックにチェンジです。


TACKLE SETTING
  •   STEEZ WEREWOLF
  •   SS AIR 8.1L
  •   MONSTER BLAVE Z 13lb
  •   REBOUND STICK 5inch

そのまま神社下で釣りを続けたところ比較的イージーにバイトが出ましたが、そうはウマくはいきません。(笑)

しばらく粘ってみたのですがさすがに神社下も飽きてきたので、大きく場所を移動し大好きな岩の上橋あたりに陣取りまして、、、

ほいっ。

こちらも最初は2.7gシンカーでのライトテキサスで使っていたのですが、扱いやすさ重視で5gシンカーにチェンジしたところコンとバイトが出ました。

ということで、ブルヨンパチとリバウンドスティック5で1本ずつ釣るというミッションは無事にクリアしたので、13時につばきもとさんへ帰還しまして勝利のカツカレーを美味しくいただいたワタシです。

毎度のブラックさんにピットイン

14時半過ぎにつばきもとさんを後にしまして、向かった先はもちろんオアシス・フィッシングガレージブラックさんでございます。

インジケーター交換と配線焼き付き修理

亀山に連闘したということはもちろんブラックさんにも連闘でして、ちょいと調子が悪くてすぐズレてしまうエレキのインジケーターを、、、

ほいっ。

レアな青色にチェンジしたついでに、インジケーター交換作業中にカバーを開けたときに配線の焼き付きを見つけたとのことで、そちらも合わせて修理していただきました。(嬉)

こちらの配線の焼き付きは、

エレキ全開で長時間使用すると起こりやすい

そうでして、クルマと同じように定期点検をすることをオススメします。(ワタシなんかはノーメンテでここまでやってきちゃいましたが)

ツアーはTD-Zのようなモノ

ワタシはモーターガイドツアーエディションTR54Vという12Vエレキを5〜6年使っているのですが、このモデルは既に廃番となっていて現在は後継のX3/X5シリーズが主力となっています。

が、Xシリーズがどうも好きになれないワタシでして、部品の供給が続く限りはツアーエディションを長く使いたいところです。

ほぼ週イチでエレキを使い続けているワタシには、中々メンテナンスするタイミングがないのですが、

  • 12V54ポンドから24V82ポンドへのバージョンアップ
  • エレキのシャフトカット(33〜34インチ程度)

といった最後の仕上げにそろそろ着手しようと思います。

メンテナンス後にブラック・高山さんといつものように談笑していたところ、

ツアーエディションはTD-Zのようなモノなので、大事に使ってあげてくださいね」

というDAIWA党には堪らない名言をいただきました。

ワタシはTD-Zは持っていないのですが(笑)、吉羽園のお友達ではTセンパイ・ピストン西村さん、身近ではつばきもとのやまちゃんが愛してやまないTD-Zさん。

ワタシにはそれが初代スティーズシリーズに相当するわけでして、いいモノは長〜く使ってあげたいものですね。(笑)

そんなJB TOP50参戦中の高山陽太郎プロは、いよいよ今週 第4戦のカスミ戦に突入するそうでして、陰ながらご活躍お祈りする次第でございます。

フィッシングガレージブラックのWebサイトはこちらから(リンクあり)

高山陽太郎プロのブログはこちらから(リンクあり)


おしまい。

Posted from SLPRO X for iPhone.

 

最新情報をチェックしよう!