【今日のつぶやき】2019.10.4(Fri) 現在過去記事をリメイク中です。オススメカテゴリに「過去記事リメイク版」を追加しましたのでこちらもご覧いただければ幸いです。

10/5  お宝探しの旅 in 亀山ダム


土曜日は1週間後に開催されるプライベート大会のプラにて亀山さんに出撃しました。

お昼からの半日出船となったので釣り場開拓と称して神社下をくまなく行脚してみましたが、ジグのスイミングでの1バイトのみの惨敗に終わりました。

その後毎度のブラックさんに立ち寄ったところ、あの「スピナーベイト道場で有名な道場主さん」にお会いすることができまして、感無量なワタシでございます。(嬉)

土曜日は10時半到着です

今度の土曜日は愉快なお友だちとのプライベート戦が控えていまして、新しく何か釣れる術を探るべく朝から亀山さんへ行く気マンマンだったのですが、

何となく4時に起きてリビングに移動した後テレビを見たりうたた寝をすること3時間、7時にようやく重い腰を上げて家を出る支度を始めたワタシです。

早朝にクルマを走らせるときは、レイク〜姉崎袖ヶ浦インターまで45分・インターから下道で亀山まで45分の合計1時間半といったところなのですが、朝の出遅れが響きまして船橋・千葉あたりの渋滞をもろに食らってしまいまして、結局行きは亀山まで3時間掛かりました。(泣)

久留里街道にて間一髪

姉崎袖ヶ浦インターを降りて久留里街道を走ること30分、久留里の街を抜けてお弁当でお馴染みの豊島屋さんを過ぎた「降りて上るジェットコースター」付近(伝わりますでしょうか)で、ヒヤリとする事件が起こりました。

あのあたりは道路の脇に木が茂っていまして、その茂みの部分は道路側にはみ出して言わば「オーバーハングしている」状況なわけです。

で、時速50キロ?くらいで普通にクルマを走らせていたところ、そのオーバーハングから「お猿さん」がびょ〜んと道路に飛び降りてきまして、、、

ブレーキは完全に間に合わないと判断したワタシは対抗車の有無を瞬時に確認して、咄嗟に対抗車線へハンドルを切って回避行動を取ったのですが、ワタシの感覚ではあとは運任せでしたがギリギリセーフでした。(笑)

実はその昔(25年くらい前)、高速道路で飛び出してきたタヌキかキツネを避けようとハンドルを切ったら、コントロール不能になってそのまま壁ドンしたことがあるワタシでして、それ以来ハンドルの急旋回はタブーだったのですが恐らくブレーキは間に合わなかったので咄嗟の判断で急ハンドルを切ったワタシでして、何はともあれお互いにケガがなかったことをヨシとしましょう。

どこで何を注意すればいいのというハナシはありますが、亀山通いの皆さまにはスピードの出し過ぎとお猿さんには充分にご注意いただければ幸いでございます。

12時前に無事に出船しました

ということで、土曜日は10時過ぎにに亀山・つばきもとさんに到着しまして、

10月は営業時間が短くなりまして、6時出船・16時半下船となっています。

ただでさえ釣りができる時間が少ないのに、ここからさらに1時間ほどつばきもとスタッフ・やまちゃんとの談笑を楽しみまして、

「スキー場に行くだけで満足なので別に滑らなくてもいい」

のと同じような感覚、と言って同意いただけるかたはいらっしゃいますでしょうか。(笑)

こちらでも腰が重くなったワタシでしたが、一念発起して支度を始めましてようやく12時前に出船となった次第です。

今回のお品書き

どうせ4時間ちょっとしか釣りができないので、今回はエリアをひとつに絞って釣り込んでみる、という策に出まして、

・クリスタルS ディーパーレンジ

・TDハイパークランク

・ハンツストロング11g + スタッガーオリジナル3.5

・ブリッツMAX DR

という巻き物4本と、

・ドライブビーバー 3/8オンステキサス

という擊ち物を1本準備しました。

神社下近辺のエリアを満喫

土日の亀山さんではそれはもうたくさんの皆さんが湖上に浮いていらっしゃいまして、人混みが好きではないワタシは

  • できるだけ船が少ない
  • それなりにオサカナは釣れる

というエリアをポンコツコンピューターに聞いてみたところ、弾き出したエリアが神社下でございます。

神社下でお宝探し

このあたりは岩盤付近でもそれなりに深いのですが、いろんなところに眠るお宝探しをしてみる価値は充分にありまして、

ほいっ。

例えば上の例では、ダウンイメージとサイドイメージに崩落跡のブッシュが映っておりまして、水深10mでブッシュのトップが6mといったところでしょうか。(もちろん場所によって崩落の入りかたはまちまちです)

お宝探しにはサイドとダウンがあると判別しやすいのですがもちろん2D魚探でもお宝探しは可能でして、そんなときには1/2〜3/8オンステキサスを入れつつ引っ掛かりを探してみるのもひとつの手です。

ワンバイトで終了

もちろん以前に魚探掛けは済んでいるのですが新たな崩落も発生しているので、お宝探しの魚探掛けをしながらブッシュのトップを意識した巻き中心の釣りを展開してみました。

  • スピナベ・・・異常なし
  • ハイパークランク・・・異常なし
  • ドライブビーバー・・・異常なし
  • ハンツストロング・・・異常あり

でして、

ハンツストロング11gにトレーラーはスタッガーオリジナル3.5インチをセットしたジグのスイミングでの早巻きにて、回収間際にバスがジグをひったくっていくのが見えましたが、、、

オサカナさんがミスバイトをしましてそのまま反転して湖にお帰りになられました。

結局擊ち巻きいろいろ試してみましたが、プラとしての特段の手応えはないワタシでございます。(笑)

保坂岬でドラッギング

それなりの時間を神社下に費やしましたが、エレキが24Vになったワタシは少しだけ残り時間にも余裕ができまして、

ラストは道路跡〜保坂岬のストレッチをドラッギングでふた流しすることにしまして、デプスマッピング画面でトレースコースを決めて、ブリッツEXDRで4〜6mくらいを・ブリッツMAX DRにて6〜8mくらいを流してみました。

続・とものバス釣りコミュニティ

日曜日は一念発起して6時半〜16時の亀山フルタイム出勤をしましたが、想像以上にカラダにダメージを受けてほぼ廃人のワタシで…

ディープクランクでのドラッギングフィッシュは、それはもう脳ミソが沸騰するくらいの楽しさがありまして、

最初はぬんとしたゴミを拾ったような感じが、あるところでバイト(生命感)に変わりまして、そこから鬼ファイトが始まるわけですが、、、

ほいっ。

大部分は生命感を感じないままのただのゴミだということをこの場をお借りして申し上げる次第です。(笑)

ということで、結局何も得られなかったので日曜日も連闘することを即決した土曜日の釣行でして、つばきもとさんを後にして毎度お馴染みのアソコへ向かったワタシです。

ブラックさんで道場主さんと

亀山さんからの帰り道でもちろんブラックさんに寄り道をしまして、24Vエレキそのものは快調であることをご報告しました。

魚探のノイズ

もちろんエレキと魚探の電源は分けてあるのですが、何故かHONDEX HE-9000のサイドイメージだけが、エレキのスピード(ダイヤル4くらい)を上げるとノイズが発生するという事象に見舞われておりまして、

ブラック・高山さんにご相談してみたところ、

「魚探側の電源ケーブルを短くすると直るかも」

というアドバイスをいただきましたので、さっそく試してみることにします。

で、シンカーやシンカーストッパー・ラインなどの消耗品を補充して、そろそろおいとましようかなというところであるおかたが登場したわけです。

スピナーベイト道場主・津軽さん

ノリーズ・プロスタッフにして、ハードベイトしか投げないという津軽さん。

そもそもがスピナーベイトが何者かを全く理解していないワタシは、津軽さん主催で大人気の「スピナーベイト道場」にぜひとも入門したいわけです。(笑)

津軽さんのブログはこちらからどうぞ(リンクあり)

ポチョンドッカン

初秋は難しい?日中の暑さがだいぶ緩み、朝晩は少し肌寒くなってきたこの季節。実は苦手という方、多くありませんか?かく言う私…

そんな津軽さんはブラックさんのサポートスタッフでもありまして、牛久沼での道場帰りにお立ち寄りになられたそうでして、

ワタシには「バスプロ4回の法則」がありまして、大体4回くらいお話を重ねると顔を覚えていただけるというモノなのですが、初対面でしたので失礼のない範囲で少しお話させていただきました。

津軽さん、ステッカー・お名刺と楽しいひとときをありがとうございました。(嬉)


ということで、プラ初日はこうして終了しまして、日曜日の連闘での惨敗っぷりはまた日を改めてアップいたします。

おしまい。

Posted from SLPRO X for iPhone.

最新情報をチェックしよう!