2022.1.13(Thu) 【エントリー募集中】1/15(土)の第1回おやらかしCUPのエントリーは1/13(木)にて締め切らせていただきます。

【亀山ダム釣行2020秋】 11/28 連敗脱出に向けて空気を読むオトコ

11/14(土)・11/21(土)と2週連続にて完全ノーバイトの惨敗を喰らっているワタシでして、3連敗を阻止すべく11/28(土)に重役出勤にて亀山さんへ出勤しました。

影の総監督から「レッグワーム禁止令」が出たので、空気を読んで「硬いモノオンリー」で強敵・亀山さんに挑みまして、何とか連敗を止めることができました。(嬉)

当ブログ記事の最後にWebフォーラムについての告知もありますので、ご興味のお有りのかたはぜひともご登録いただければ幸いでございます。

今回は重役出勤です

過去2回気合いを入れて早朝出勤をしてボウズを喰らったワタシでして、

今回は自然体を取り戻すという意味で、従来の通りの重役出勤にてつばきもとさんに8時過ぎに到着です。

普段は予約不要の「つばきもとスリム(12ft艇)」をお借りすることが多いのですが、今回は気分転換にたまたま空いていた「つばきもとロング(14ft艇)」を連敗ストッパーの相棒に指名しまして、9時半過ぎに無事に出船しました。

今回のお品書き

金曜日に我がおやらかし軍の影の総監督・肥後さんと業務連絡をしていたところ、

ワタシ: 土曜日に連敗を止めます

肥後さん:

 まだ早い、読者の空気を読め。

 レッグワームは禁止、オトコの釣りをすべし。

との激励があったわけです。

どうやら日本全国200人の読者さまの大半は、このまま連敗を継続してオサカナに触ることなく年越しすることをお望みのようです。

ということで、今回のお品書きは、、、

・今年のMVP クリスタルSディーパーレンジ

・亀山の特攻隊長 TDハイパークランク

・そろそろ初日が欲しい メタルワサビー12g

・オレを6mラインに通せ ハイカットDR

ベイトフィネスタックル2本をDAIWA病院に入院させたためタックルを再編成しまして、今回はこの4本にて連敗ストップにチャレンジしました。

TDハイパークランク ウェイトチューン

今回もラッキーなことに大場所が空いていたので、馬の背からスタートです。

ワタシのターゲットは馬の背の上流側(写真左側)のドン深になるカベの中層でして、

ハイパークランクの3gウェイトチューンにて5mラインをテロテロ巻きますが、まあそんなに簡単に釣れるわけはありません。(笑)

で、ここからつぼりとに移動しまして、ハイパークランクのドラッギングにてブレイクライン沿いに6〜8mを流してみますが反応なしです。

ハイパークランクウェイトチューンでのドラッギングもディープトレーサー同様に「厄介な助走が不要」ですので、この冬に積極的に投入してみることにします。

小さいルアーを6〜8mラインに通すには

それではということで医院下筋に移動しまして、ここのところアレコレ試しているものの未だしっくりこないことに再チャレンジです。

医院下筋の6〜8mラインはクランクベイトのドラッギングでバイトを取りやすいのですが、ここのところずっとチャレンジしているもののオサカナの反応がないわけです。

普段はブリッツMAX DRがドラッギング担当なのですが、あまりにもバイトが出ないので次に考えるのはルアーを小さくすることでございます。

キャロシャッド

3.5gシンカー・スイベル・60cmリーダーの先にシャッドをセットするいわゆる「キャロシャッド」ですが、コイツの最大の難点は

「シンカー・ルアーで重心が2箇所あってキャストしづらい」

ことでして、6.3ftという短めのロッドということもありまして「自分を引っ掛けそうで怖い」わけです。

二度と榎本医院のお世話になりたくないので、キャロシャッドはヤメにしました。

ディープトレーサー

最近巷でブームのRYUGIのディープトレーサーくん。

タイニークランクやシャッド用の3.5gや5gのディープトレーサーでハイカットあたりを試してみたのですが、

「シャッドのような小さめのリップのルアーは、泳ぎを殺しているような気がする」

あくまでも個人の感覚ですが、ディープトレーサーはリップの大きなクランクベイト専用に決めましてこちらもヤメました。

三又キャロシャッド

ということで、第三の矢に指名したのが三又キャロでのキャロシャッドでございます。

RYUGIさんのワイヤーキャロスイベルを用意しまして、

三又スイベルからワイヤーを経てシンカーを、でもうひとつのスイベルからリーダーを経てルアーをセットします。

この利点は、

・シンカーはワイヤー経由なのでシンカー起因の根掛かりはほぼないこと

・シンカーとルアーがキャスト時に同方向の重心となるので格段にキャストしやすいこと

の2つでしょうか。

で、さっそく3.5gのシンカーをセットして試してみたのですが、

「ボトムのタッチ感とロッドに伝わるブルブル感がイマイチ」

ということで、こちらも却下となりました。

三又キャロ+タイニーブリッツDR

どうせオサカナは釣れないしここまできたらしっくりくるセッティング出しをやり切ろうということで、次に試したのが「三又キャロ+タイニーブリッツDR」でございます。

シンカーは3.5g リーダーは60cmほど取りまして、キャスト後ゆっくり沈めてボトムを取ります。

そこから船でゆっくり引っ張ってドラッギングするわけですが、

「ボトムのタッチ感とロッドへのブルブル感が◎」

でして、コイツを連敗ストッパーに指名することにしました。

午前中にようやく連敗ストップです

テストも無事に終えたので医院下のドラッギング場に移動しまして、本腰を入れて釣り込んでみたところ、、、

ほいっ。

釣り込んで10分ほど経った11時半頃にプンとティップが入りまして、ドラッギングフィッシュ特有の水面ズルズルファイトを満喫しつつランディングは一気にゴボウ抜きです。

サイズはサンマルくらいで大したオサカナではありませんが、下アゴにガッチリ掛かっての本気食いにてようやく連敗がストップしました。(嬉)

・Rod スティーズ06ブリッツ

・Reel TD-Z TypeRプラス KTFバーサタイルフィネススプール

・Line FCスナイパー10lb

・Lure タイニーブリッツDR 3.5g三又キャロ

午後はまったり釣行

まさかの使用拒否(笑)

一度トイレ休憩にてつばきもとさんに戻ってやまちゃんと軽く世間話をしまして、連敗ストップができたので午後はやりたいことにチャレンジでもしようかと。

そのやりたいこととは、、、

つばきもとのやまちゃん監修・アルフハイトさんの「クイックダンスストレートのジグヘッドワッキー」でございます。

コイツでカラス宿の岩盤をゆっくりフォールさせて岩盤に浮いているオサカナにアタックしようと思いまして、念のためやまちゃんに許可を取ろうとしたところ、、、

「どうせ釣れないしクイックダンスストレートの悪評が広まるのは困る」

とのことでして(もちろん冗談ですよ〜)、まさかの使用拒否を食らったので午後も午前中のお品書きのまま釣りを再開することにしました。

ワタシが事前にお伺いを立てると間違いなく却下されるので、次回以降はダマでコッソリと使うことにします。(笑)

カバーメタルでアレコレと

ということで、午後はカバーメタルからスタートです。

ベイトフィネスロッドが入院中なのでひとつ強いロッドに合わせてメタルワサビーも12gをチョイスです。

メタルワサビーには頑丈なトレブルフックが純正品として装備されているのですが、ワタシは根掛かり時の最終兵器としてフックを伸ばして回収したいのでダブルフック×2に換装しております。

で、崩落系の水中ブッシュなどややこしいカバーにぶち込んでいくのですが、

カバーメタルは「入りと出をできるだけバーチカル(垂直に)」扱ってあげれば、そんなに根掛かりはしません。

メタルワサビー12gをフロロ16ポンドで扱ってみたのですが、ワサビー12gはルアーの重みにて根掛かりはほぼ外れるため純正のトレブルフックでも全然問題なさそうです。

しばしメタルワサビーを楽しんだ後は、オーバーライドにチェンジです。

普段はベイトフィネスタックルにて5gを使うのですが今回は7gをチョイスしまして、白鳥島の沈みモノを中心にシャクリを満喫しました。

メタルバイブは基本的にはリトルマックスを使うことが多いのですが、「オーバーライドのツレスギル」だけは別格でしてコイツだけは5g/7gの在庫を切らさないように多めにストックしております。

最後にもう一度復習がてら三又キャロ

連敗ストップしてすっかり腑抜けとなってワタシはこのまま下船しても良かったのですが、

「午前中のオサカナはたまたま釣れただけ」

なのかどうか、再現性を検証すべく15時頃に再度医院下筋にアタックしまして、、、

ほいっ。

タイニーブリッツDRの三又キャロにて、同じような場所(6mライン)にて同じようなオサカナ(サンマル)が釣れました。

もちろん医院下筋の6mラインは沈みモノも多くドラッギングには根掛かりのリスクはあるのですが、案外引っ掛からないものでして今回は根掛かり回収機は不要だったことをお伝えしておきます。

ラスト30分はヘラポイントでの観察

最近医院下筋はヘラ師のかたが多くそれなりにヘラも溜まっている模様でして、

ヘラ師のかたが15時半頃お帰りになられたのでラスト30分はヘラのポイントでのライブスコーピングです。

ライブスコープでのオサカナの映り方は、ワタカは実際に水面近くのワタカの群れにライブスコープを当ててみて理解できたのですが、果たしてヘラはどのように映るかチェックしてみたわけです。

最後にオーバーライドに鬼バイトが出まして30秒ほど格闘の末にフックアウトしたのですが、おそらくこれは亀山名物・巨ベラのスレではないでしょうか。

坂上橋付近からつばきもとまではエレキ全開で5分くらいは掛かるので10分前に釣りを終えましてボチボチ帰着しました。

Webフォーラム会員さま募集中です

最後にひとつ告知です。

ひと月ほど前からいわゆるクローズドな会員制のWebフォーラムについてアレコレ勉強しておりまして、試行錯誤試してみたところそれなりに目処が立ちました。

メニュー上のフォーラムをクリックいただきますと、↓のようなWebフォーラム画面に遷移します。

当ブログの読者さまなら、どなたでも会員登録・ログインしていただければ、↓のようなフォーラムが表示されます。

このWebフォーラムはワタシからの一方通行ではなく読者の皆さまもご自由に投稿可能でして、ワタシもブログには書かない(書けない)「おやらかし式釣行のキモ」をこちらにアップしていきます。

このWebフォーラムでの情報は会員さましか閲覧できず決してインターネット上に晒されることはありませんのでご興味のお有りのかたはどうぞ会員登録の上、どしどし投稿いただきたくお願い申し上げます。


全国200人の読者さまのご期待に反して連敗を2でストップさせてしまったワタシでして、

次なるターゲットは強敵・印旛沼で12/6(日)に開催される「FGB×MONOPOOL MTM CUP」でございます。

しばし亀山さんとお別れしまして印旛沼にステージを移すのですが、未だ印旛沼でただの1本のオサカナも釣ったことはないことだけはこの場をお借りして申し上げる次第です。

おしまい。

Posted from SLPRO X for iPhone.

最新情報をチェックしよう!