2021.11.29(Mon) 【ブログ更新】11/27(土)に開催しました愉快な父上との「ヘラ釣り×ライブスコーピング」につきましてブログアップが完了しましたのでお楽しみいただければ幸いです。

【亀山ダム釣行2020冬】 12/20 「鬼やました百番勝負」始まりました


12/20(日)はしっぽりとプライベート釣行にて亀山さんへ出撃しました。

一般のお客さまには仏のように優しいつばきもとのやまちゃんですが何故かワタシには「鬼やました」でして、今回からブログ新シリーズとして「鬼やました百番勝負」を開催する運びとなりました。

とりあえず鬼退治に成功したと勝手に思っていたワタシですが、さっそく次回の鬼ミッションが出された次第です。(泣)

ついに氷点下の亀山さんです

先週からの冷え込みで一気に亀山さんも冬となりまして、通勤路もどこで凍結しているかわからないので安全運転にて出勤です。

6時半過ぎに亀山・つばきもとさんに到着しまして、ついに亀山も氷点下の世界となりました。

ここから1時間以上つばきもとのやまちゃんと雑談を楽しみましてボチボチ支度を始めたのですが、この時期は桟橋やボートが凍っていますのでボートセッティングには充分にお気をつけていただければ幸いです。(さすがにこの時期の落水はシャレになりません)

特に12ft艇はリアの浮力体部分が滑りますので、浮力体の後ろのスペースを確保してそろ〜りと上下船するのがよろしいかと思います。

今回のお品書き

今回はスピニング×3 ベイト×3というお品書きを組みまして、

・レッグワームダウンショット(フロロ3)

・ドライブクロー2インチダウンショット(フロロ3)

・Dジグカバー+スイングインパクト3(PE1号)

・タイニーブリッツMR(フロロ10)

・ハンツ9g+ドライブシャッド3.5(フロロ16)

・オーバーライド5g(フロロ12)

というセッティングにてスタートしました。

鬼やました百番勝負 第一回スタート

今回からブログ新シリーズとして「鬼やました百番勝負」が始まりまして、、、

つばきもとのやまちゃん

つばきもとボート部長(知らんけど)の山下さん。

アルフハイトさんのクイックダンスストレートをプロデュースしたことでも有名なやまちゃんでして、

一般のお客さまにはことのほか親切で皆さまからの信頼も厚くまさに「仏のやまちゃん」なわけですが、、、

「ワタシにだけは鬼のように厳しい」

わけです。(笑)

このおかたがワタシに望んでいることは

・ボウズ

・落水などの不幸なできごと

でして(もちろん冗談ですからね〜)、

皆さまには「仏のやました」でもワタシには「鬼やました」でして、今回そんな鬼から釣りのミッションを提示されまして「鬼やました百番勝負」が開催されることになりました。

第一回のお題は

亀山ガイドもされていて亀山ダムを熟知している「亀山の鬼」がおっしゃるには、現在の亀山でバイトが出るのは

・6時半〜9時

・14時〜16時

だそうでして、いわゆる朝・夕のマズメを外すとほぼバイトは出ないようです。

ワタシが出船レディとなったのは9時過ぎなのでモーニングチャンスは終わっているのですが、

鬼からの指令は、、、

「バイトの出にくい9時〜14時にて1本キャッチせよ」

というのが、第一回のミッションでございます。

魚種問わずではなくバスオンリーで(当たり前か)サイズは問わないので、釣れたら即写真を撮って提出せよとのことです。

「万年1本」が座右の銘なワタシには、ハイシーズンでも1本しか釣れないのですが、逆に言うと厳冬期でも1本くらいなら何とかできそうでして、9時過ぎに気合いを入れて出船しました。

ギリギリで何とか1本キャッチしました

朝の気温は氷点下でも魚探上の表水温はまだ10℃を超えている亀山さんでして、今回は8〜10mがターゲットレンジです。

・馬の背沖のブレイク

・のむら沖の崩落

・保坂岬沖のハンプ(道路跡)

・京兵衛ワンド

・ホテル下

・柳島沖のブレイク

ここまでは順調にノーバイトでして、あっという間に11時半の鐘が鳴りました。

ここから1本キャッチすべく毎度の医院下筋や岩の上橋のストレッチに向かうかどうか迷ったのですが、ワタシの選択は一気に笹川筋でございます。

中流域に何箇所かある大規模崩落にロックオンしまして、タコ粘りすること小一時間

ようやくシアワセが訪れまして、、、

ほいっ。

タイムリミットまで残り45分である13時15分に虎の子の1本をキャッチしまして、鬼に写真を送りつけてミッションを無事にクリアしたわけです。(笑)

ゴールデンタイムは惨敗

14時〜16時のゴールデンタイムをどこでやろうか迷わなかったわけではないのですが、笹川筋から釣りながらつばきもと方面に戻ることにしました。

・松下ボート前

・鳥居岬沖のブレイク

・じいさんワンド

この時点で15時を過ぎまして残り1時間弱は医院下筋でタコ粘り。

ラストはパワーフィネスにてレイダウン撃ちをしまして、こうしてワタシの鬼退治の旅は1バイト・1フィッシュにて終了です。

帰着後の鬼は褒めてくれると思いきや

「まさかあの1本で終わりじゃないですよね〜」

と嬉しそうにワタシに詰問してきまして、ちゃんと釣ってきても弾劾してしてくる鬼はホントに怖いです。(笑)

来週の「鬼やました」さんからのお題

ということで、次回は12/26(土)に14ft艇を予約したワタシですが、

  1. 7時までに出船すること
  2. 9時までに1本バスをキャッチすること
  3. その後下船までに1本キャッチすること

さっそく鬼から次回のお題が提示されたわけです。

順番にクリアできなかった時点でワタシの負けだそうでして(センター試験の足切りシステムと同じです)、鬼はワタシが苦しむ姿を心待ちにしているご様子です。

一番のハードルは「7時までに出船すること」なのですが、こちらは最悪は「手漕ぎ出船」というウルトラCにて対処する予定でして、朝のゴールデンタイム(鬼にはカンタンらしい)にどうやってオサカナをキャッチするか寝る間を惜しんで考えようと思います。

プロショップ・ブラックだより

千葉市内にあるプロショップ・フィッシングガレージブラックさん。

先週は、月(釣り帰り)・木(サボリーマン)・日(釣り帰り)と3回出勤しました。

ブラックカップエントリー完了

印旛沼での大会でロッド2本折ったワタシは、1/17(日)に片倉・笹川ボートさんで開催される「ブラックカップ」でリベンジの機会を伺っていたのですが、店頭エントリーは12/17(木)からということでテレワークの合間にポールポジションをゲットすべくブラックさんに突撃したのですが、残念ながらポールはゲットできずです。(上には上がいらっしゃいます)

去年2位フィニッシュしたゲンのいい大会にて14ft艇にお迎えしたパートナーはあの「愉快な肥後さん」でして、ご本人は「2021年の肥後祭り」を開催する気マンマンであることを皆さまにお伝えしておきます。(前回亀山でボウズを食らったそうなのでお写真はありません)

豪グサ(エビ味) 入荷しました

日曜日の亀山帰りに立ち寄ったところあの「豪グサ・エビ味」を大量に入荷したとのことで、冬の定番・レッグワームカッパえびせん味を量産するためにストックとして1本ゲットしました。(嬉)

この豪グサくん、もちろん容器にはキャップがあるのでこれで大丈夫かと思いきや、蓋をちゃんとした状態でも芳しいカッパえびせんの匂いが充満してくるわけです。

これはイカンということでワタシはビニール袋を三重にして厳重保管しているのですが、何かいい保管方法はないかとプロに相談してみたところ、

「ジップロック系がオススメ」とのアドバイスをいただきました。

さっそく奥さまとイオンに出撃しましてジップロック系を探してみたのですが、豪グサ2本が入る丁度良いサイズが見当たらなく、ふらっと生活用品コーナーを覗いてみたところ、、、

ほいっ。

イオンのプライベートブランドの容器が、しっかりと密閉できてサイズ感も◎でございます。

これであの芳しい匂いから解放されるかは?ですが、しばらく様子を見てみることにします。


今年はコロナ禍で大変な一年となりましたが、釣れないなりに何とか年末までたどり着くことができました。

年内の残る釣行は 12/26(土)と12/30(水)のあと2回。何とかあの鬼をギャフンと言わしたいものですね。

おしまい。

Posted from SLPRO X for iPhone.

最新情報をチェックしよう!