5/4  愉快な肥後さんとのおやらかしスペシャルガイド in 亀山ダム


亀山日帰り三連発釣行2日目の5/4(火)は、毎度お馴染みの「愉快な肥後さん」をお迎えして「お友達謝恩記念・春のおやらかしスペシャルガイドサービス」を開催いたしました。

肥後さんが普段あまりやられない釣りにて何とかオサカナをキャッチいただきまして、肥後さんには楽しい1日をありがとうございました。

ちょいとお寝坊さんです

全国200人の読者さまの中で最もワタシに興味を持っている「愉快な肥後さん」でして、当ブログがアメブロ時代(懐かしいですね)から親しくしていただいておりますので、今回は「お友達謝恩記念・春のおやらかしスペシャルガイドサービス」を開催する運びとなった次第です。

ですが、連闘での日帰り釣行となるとさすがにカラダがいうことを利かなくなってきまして、目覚ましには反応するもののカラダを動かすことができません。

前日にボートセッティングは済ませてあるので5時つばきもと着の予定でしたが、少し遅れてしまいまして申し訳ありませんです。

今回のお品書き

今回は、肥後さんが普段あまりやられない釣りでオサカナを釣っていただこうというお題なので、つばきもと新駐車場にてやる作業は、ワタシではなく肥後さん分のお品書き作成です。

普段お使いのタックルを見せていただきまして、今回は、

・野良ネズミ(スピニング)

・スワンプマイクロ(スピニング)

・野良ネズミマグナム(ベイト)

・ステルスペッパー70S(ベイト)

・エスケープチビツイン(ベイト)

あたりをリギングしまして、少し遅めの6時45分に無事に出船いたしました。

シャア専用船・ゲルググ号

亀山・つばきもとさんには14ft艇は元々あるアカシ艇とおりきさわさんから移籍してきたカワナ艇があるのですが、今回肥後さんをお迎えしたのはアカシ艇の中でも選ばれし精鋭のみが乗船可能と噂される競技仕様のシャア専用船でございます。

こちらのシャア専用船は全部で3艇ありまして(同じに見える他5艇のアカシ14ft艇は船底が安定するように細工されておりますのでご注意を)、勝手にザク号・ゲルググ号・ジオング号と名付けまして、今回はゲルググ号にて出船です。(笑)

シャア専用船は14ft艇のくせにまるで12ft艇のような不安定さがありますので、ご指名の際は操船に充分にお気をつけくださいませ。

午前中はドヤ顔連発です

この日の目標は船中20本(肥後さん18本・ワタシ2本)でして、10時間で20本釣るには1時間に2本ずつ水揚げすれば良い計算なのでやってやれないことはありません。

ステルスペッパーでドヤ顔

つばきもとを出船しまして今回のガイドエリアは基本的には東エリアを予定しているのですが、一箇所だけ藤林方面にて触っておきたいピンスポットがあるので朝イチで本湖方面に船を進めました。

本命場の前にちょいと寄り道をしまして、、、

ほいっ。

40cmはありませんがドカンの下からステルスペッパー70くんを食い上げてきたそうです。

その後の本命場は空振りに終わりましたが、まずは幸先の良い1本をキャッチしましてドヤ顔の肥後さんでございます。(笑)

ステルスペッパーは55か70で若干迷うのですが、オサカナのサイズとのバランスの良い70をオススメしておりまして、キャストして水面下をゆっくり巻くだけでOKです。

フィネスの釣りでもドヤ顔

モーニングタイムが終わりましたので、ここからはフィネススピンにチェンジしてオサカナを拾っていきます。

スワンプマイクロの横浜リグ系にて岩の上島の土バンクを流していたところ早々にオサカナをキャッチ。

さらに岩の上橋の岩盤ストレッチにてオサカナを追加してドヤ顔です。

このままフィネススピンをメインに釣り込んでいけば釣果を伸ばせるのでしょうが、せっかくご一緒したからには普段あまりやられない「テキサス系」でぜひとも1本キャッチいただきたいわけです。

オトコのテキサスにて渾身のドヤ顔

その後一気におりきさわ上流に船を進めまして、ここからはオトコのテキサスを撃ち込んでいきます。

で、オーバーハング下で近距離戦をしていたところ会心のバイトを取った肥後さんでして、一気にオトコのごぼう抜きにて渾身のドヤ顔でございます。(笑)

肥後さんのタックルラインナップにちょうど良いライトテキサス系タックルがなかったのでワタシのタックルを使っていただきまして、

Rod: スティーズウェアウルフ

Reel: SS AIR8.1L

Line: FCスナイパー12lb

Lure: エスケープチビツイン 3.5gライトテキサス

水深3mくらいまでの土バンクは、ベイトフィネスタックルでのライトテキサスをオススメしておりまして、

・ヤマタヌキ

・ブルフラット3インチ

・エスケープチビツイン

↑あたりはすべて共通のセッティングでOKです。

その後、本命の「おやらかしストレッチ」にてテキサス修行をしていただきましたが、結局午前の部は6バイト4フィッシュで終了です。

午後はテキサス修行

ランチ休憩でジロリアン談義

午前の部は13時半くらいで終了して一旦つばきもとに戻ってお昼休憩を取ることにしまして、最近はめっきり体力がなくなってきたので、一旦お昼に船を上がってカラダを休めるのがルーティンとなってきました。

「ヤセの大食い」の代表選手である肥後さんは、実は「ラーメン二郎」をこよなく愛するジロリアンでして、

未だラーメン二郎に足を踏み入れたことのない大勝軒フリークのワタシは、今度千葉二郎に連れて行っていただくことをお願いした次第です。(嬉)

テキサスは普通に釣れます

リーダーレスダウンショット フリーリグ など、撃ちモノ系の旬のリグはいろいろありますが、やはりワタシはテキサスリグが一番シンプルに釣れると信じております。

ということで、14時過ぎから残り3時間はおりきさわ上流でのテキサス修行に充てることにしまして、もはや船中20本は諦めて何とかテキサスで1本キャッチいただくことにしました。

〜おやらかし式テキサス 虎の巻〜

1. 目に見えるモノや目に見えない沈みモノへ向かってキャスト

2. ボトムまでワームを沈めて水押しを意識してワームを動かす

3. オサカナのバイトを感じたらラインスラックを回収しつつロッドを倒して一気に鬼フッキング

4. オサカナが乗ったらルンルンでファイトを楽しむ

何と言ってもテキサスの醍醐味はバイトを感じてからのフルパワーフッキングでして、

午後のテキサス修行では何度かバイトはあったもののフッキングに失敗した肥後さんでして、こればかりはご自分でバイトを取って試行錯誤していただくのが一番かと思います。

案外テキサスリグを敬遠されているかたが多いそうですが、テキサスリグ(ライトテキサス)は亀山でも普通に釣れますので、ぜひともお試しいただければ幸いです。


結局この日の肥後さんは8バイト4フィッシュという釣果に終わりましたが、特に普段やられないテキサスリグの扉を開いたことで今後の釣りの幅が広がることを願うばかりです。

ということで、船中20本とはいきませんでしたが楽しい1日を過ごすことができまして、春のおやらかしスペシャルガイドは成功裡に終わったということでよろしいのではないでしょうか。

おしまい。

Posted from SLPRO X for iPhone.

最新情報をチェックしよう!